インドネシアの地理事情

インドネシアの観光地の地理事情について、皆さんに解説を行っていこうと思います。

赤道に沿って莫大な範囲の中で広がるインドネシアは、
17000を超過する島々から成る大島嶼国家です。

それは、太平洋の造山帯およびヒマラヤ山脈造山帯の接点です。
また、火山活動と巨大地震の活発な頻繁な発生ゾーンでの2004年の終わりの津波
を引き起こした大地震は、南方アジアの至る所の深刻な損害の結果を残しました。

それはジャワ原人から始まり、
古代のヒンズー教状態あるいは大乗仏教の状態の興亡の後に、
戦時中に、マラッカ王国、オランダによる植民地時代および日本のわきの回教化の
占有のような変更の極度の歴史を持っています。

それらは自然に触れられる様々な地域性および歴史、および国が存在します。

では、どのようにアクセスするか、解説していきます。
それらは関西空港からデンパサール経由の成田空港から
ジャカルタまで7時間40分9時間45分です。

それらは7時間25分小さな7時間未満を成田空港から
デンパサールまで関西空港から中部空港から7時間5分で行く事が出来ます。

このように、実はインドネシアには、
飛行機を使えばそう遠くない場所に位置していますので、
もし旅行に行く時には、候補の1つとして選んでみても良いと思いますよ!


歴史に触れる観光スポットエコツアーでも人気のインドネシア