歴史に触れる観光スポット

インドネシアの観光事情について、ここではご紹介していこうと思います。

それは人口にして1000万人近い人が住んでいる東南アジアは、
最大の大都市と言われています。

北西ジャワのうちのインドネシアでは、
オランダ統治時代に「バタビア」と呼んでいたようです。

ビジネスを得ることを目指して訪れる多くの人々がいます。
また、観光地と呼ばれる多くの場所はめったにありません。

それでは、主な観光スポットについて、ご紹介していきます。

独立記念塔(国定記念物/モナス)

都市のムルデカ・オープンスペース(独立広場)の中心に存在するのは、
高さ137mを備えたタワーです。

一般に、それは「モナス」と呼ばれ、
スカルノ大統領によって独立宣言の翌年で1946年にできていました。

それは大理石で構築されます。
また、35kgの純金は、炎をかたどった造形であり、14mの模型製作により貼られています。

それは頂上に達することができ、都市やジャワ海まで見ることができます。

タワーの下では「国立歴史博物館」があります。
また、それは、透視画による独立戦争の歴史を示しています。

インドネシアの歴史に触れるのでしたら、
このスポットは外せないのではないでしょうか?


伝統文化息づく観光スポットインドネシアの地理事情